旅行気分も味わえる!

通常ならば1カ月という時間をかけて免許を取得するところを、2週間という短期間で全てを行うとなれば、スケジュールが過密になってしまい、遊ぶ時間は一切無いのではないかと考える方も多いですが、この点についても心配はありません。講義と講義の間は休憩時間があるだけでなく、2週間の受講期間の内、休日も設けられており、その時間に遊ぶことも可能となっています。県外へと合宿する場合には、やはりその土地の観光もしたいものですので、友達と一緒に合宿に参加してみてはいかがでしょうか。

現地での遊び、旅行という点を考慮したいのであれば、合宿が終わったあとに時間を作るのも1つの手ですね。2週間は勉強に集中して、終わったあとに更に足を伸ばして観光名所を回ったり、名物料理に舌鼓を打ってみたりするのも良いでしょう。合宿免許は普通の免許取得と比較して料金も割安に抑えられていることも多いため、浮いたお金を旅行へと回して楽しむという考え方もアリです。友達と一緒に勉強も遊びもしてしまう、合宿免許は魅力に溢れた方法と言えるでしょう。ぜひ友人と一緒に参加して、楽しい思い出をたくさん作っていってください。学生時代の忘れられない思い出になることに間違いありませんよ。

費用も変わらず短期集中!

免許を合宿で取得しようとすると旅費が必要になる分、費用も高くついてしまうと思われがちですが、実はそんなこともありません。普通に免許を取得するのと同程度か、それ以下の費用で免許を取得できるようになっており、コスト面においてデメリットはほとんどありません。合宿免許にかかる料金が安く設定されている理由は、教習所のスケジュール管理のしやすさと、利用者の回転率にあります。

普通に免許を取得したいという方を対象としている場合、講習も技能教習も、時間帯を自由に選ぶことができますが、これは裏を返すと人気な時間帯に授業を受けられない可能性があることも意味しています。人気の時間帯は予約が殺到することになり、漏れてしまえば授業を受けられなかったり、技能教習の場合でも利用者がドタキャンしたときにムダが発生してしまったりと、教習所側はスケジュールの管理に苦しむことになります。一方で合宿の場合には授業や教習をあらかじめ全て管理して、そこへ参加してもらうことになりますので、ドタキャンや人気といった要素が無くなり、ムダが無くなるため効率的に運営ができるようになります。このようにムダの無い回転率を維持できれば、当然客回りも良くなり、効率的でムダが省けているからこそ、料金も安く抑えられているのです。

運転免許は合宿がお勧め!

高校を卒業する18歳という年齢は、運転免許の取得もできるようになり、卒業と同時に自動車学校へと通うという方も多いですね。中には卒業式前の3月の時点で自動車学校へと入校して勉強、あるいは既に社会人として働くことが決まっている場合には8月の夏休みの期間中に免許の取得を目指すという方もいます。普通に免許を取得しようとすると、最短でも1カ月程度の時間を要することになり、大学や専門学校への進学を希望している方はこのような方法で取得できないという欠点があります。

そこでおすすめなのが大学生や専門学校生になってから、合宿で運転免許を取得するという方法になります。合宿免許ならば2週間で免許を取得することができ、取得まで時間がかかるというデメリットは解決することが可能です。合宿で免許を取得するメリットとしては、短期間で運転免許を取得できるということ以外にも、取得までにかかる費用も普通の方法と比較して同じかそれ以下の価格に抑えられていること、友達と一緒に取得を目指せること、旅行気分で県外へと遊びに行けることなどが挙げられます。特に時間については大きなメリットで、わずか2週間での取得ならば、長期休暇を活用しても遊ぶ時間が確保できるのが魅力です。せっかくの休暇なのに勉強漬けで遊びは一切無しになるのは嫌だという方でも、合宿免許ならば問題も解決できますよ。当サイトでは運転免許を取得したいという方に利用していただきたい合宿で免許の利用の良さをご案内します。

参考ホームページ(合宿免許HUNTER_合宿免許情報